第六感!?私の不思議な体験

第六感

こんにちは。

 

アラフィフ主婦のパープル大好きパプ子(@papuko1967)です。

 

突然ですが、あなたは「第六感」という言葉をご存知でしょうか?

 

「第六感」とは・・・視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚といった一般の人の五感以外を第六感と言う。誰もが備えているものではない感覚は当然、霊感や超能力、洞察力、シックスセンス、「虫の知らせ」、勘の鋭さなども、第六感の類語として使われる。

 

なのだそうです。

 

私自身は、まったくと言ってよいほど霊感など無い人なのですが、何故か?今までに数々の不思議な体験をしております。

 

そこで

 

この記事では本当にあった「私の不思議な体験」についてお話ししたいと思います。

 

本当にあった私の不思議な体験とは

 

異次元の世界

 

まず初めは、私が小学二年生の冬休みの頃です。

兄弟5人で近所の公園に遊びに行ってた時でした。

平均台のような遊具

※画像はイメージです

その小さめの公園には、丸い回るジャングルジムのほかに鉄棒やブランコがあって、

公園の端っこのほうに三角や丸の穴が開いた壁のような遊具がありました。

それは、平均台のように上でバランスをとったり、かくれんぼに使ったりできるものでした。

ちょうどその遊具の手前に幅15㎝、高さ50㎝、長さ2mほどの平均台のような壁が1mほどの間隔をあけて2本並んでいました。

何を思ったのか?私はそこをハードル競走のように飛び越えてみたくなったのです。

ハードル競走

※イメージ図

5mくらい先から助走をつけて走りました。

「トンッ!」

と飛び越えたまでは覚えているのですが、気が付いたら反対側で着地して座っていました。

「あ、あれ?飛び越えたんだ?」

という不思議な感覚で

「じゃあ、もう一回飛ぼう!」

と起き上がって頭を触ったら・・・

何と?手に血が付いたのです!

体を動かしたら地面に血がポタポタと落ちました。

「これは、ヤバい」

と感じた私は、そばで遊んでいた兄を呼びました。

兄は慌てて両親を呼びに行きました。

両親が到着するまでの間、近所の魚屋さんのおばさんがタオルで頭をおさえてくれていました。

タオルが一本真っ赤になるほどおでこから出血しましたが、不思議とまったく痛みは感じ無かったのを覚えています。

結局、病院で二針縫うケガをしました。

今でもおでこにその傷跡があります。

あの時、ちょっとの間、異次元の世界に行ってしまっていたのでしょうか?

 

パプ子

40年以上経った今でも本当に不思議でなりません・・・。

 

不思議な声

 

私は自分にとってとても重要な人と出会った時などに、頭の左上のほうから

「私はこの人と〇〇する」

など自分の声で聞こえてくるのです。

それは、今まで5回聞いています。

 

①親友のSちゃん

Sちゃんと初めて会った日

初めて聞こえたのは、私が専門学校に通っていたころ、

通学途中で初めて親友のSちゃんを見かけた時

「私はこの子と友達になれる!」

と聞こえました。

その通り、私はSちゃんと学校の行き帰りも一緒にするほど仲良くなり、

時々、帰りにショッピングをしたり、大判焼きを食べたり、とにかく気の合う一番の友達でした。

そして不思議なんですが、私とSちゃんは見た目や背格好がよく似ていたので、学校内で間違われるほどだったのです。

途中、何が原因だったのかよく覚えていないのですが、

大げんかをしてしまって気まずい時期もありましたが、仲直りをしてからは以前よりもっと仲良くなりました。

 

あれから30年以上

「おばあちゃんになっても友達でいようね。」

と仲良くさせてもらっています。

ただ、お互いに結婚し、距離が離れてしまったのでなかなか会えないのが残念ですが、

私の一番の親友(ソウルメイト)

だと思っています。

②前夫と初めて出会った時

前夫と初めて会った日

19歳のころ、今でいう「合コン」で前夫と初めて会った日に、

友人が運転する車の後部座席にたまたま隣同士で座ったので、自己紹介がてら色々な世間話をしていた時

「私はこの人と結婚する!」

と聞こえました。

その声の通り、出会ってからわずか4ヶ月で結婚し、同年の12月に長男が生まれました。

当時、私はまだ20歳、前夫は19歳という超スピード婚&出来ちゃった婚だったのです。

③前夫が亡くなった日の朝

前夫最後の朝

19年前の6月末のことです。

いつもならその時間は寝ているはずの二女が起きていたので、抱っこして一緒に前夫の朝のお見送りに行ったのです。

なんだかいつもより夫の笑顔がすごく良かったので

「今日は随分と機嫌がいいな~」

と思いました。

今まで見たことないような最高の笑顔で手を振る前夫の乗ったトラックの後姿を見送っているとき

「私がこの人を見るのは最後になる」

と聞こえたのです。

でも、私は「ダメダメ!そんなことあるはずないじゃないの!」と心に言い聞かせていたのですが、

当たってほしくないことも聞こえてしまったのです。

④外資系の保険会社で働いていた時

Oさんとロープレ

今から10年ほど前のことです。

保険会社に勤めていた時、お互いがお客様役と保険屋さん役をやりながらトークの練習をするため、同僚のOさんと「ロールプレイング」という研修中に

「あ~私はこの人を好きになる」

と聞こえたのです。

その通り、私とOさんは、1年ほどお付き合いをしましたが、残念ながら自然とお別れする形になってしまいました。

 

5回目の不思議な声とてんとう虫

 

そして、5回目の声なのですが、それは4年前、現在の夫と5回目のデートの時でした。

 

てんとう虫の話

夫がN山まで行く前にガソリンスタンドに行きたいというので、給油に寄りました。

私はその間、車の中で待っていたのですが、給油の終わった夫が

「あれ?てんとう虫がいる!」

と言って車のワイパー付近を見ていました。

小さなてんとう虫をそぉ~っとつまむように取って、

両手で大事そうに包み込むように抱えてささっと小走りで近くの草むらまで逃がしてやっている夫の姿を見ていた私に

「あんなに小さなてんとう虫をこんなに大事にできる人なら、きっと私のことも大事にしてくれる。私はこの人と結婚するんだなぁ。」

と聞こえてきました。

その声の通り、交際も順調に続き、とんとん拍子で話がまとまって出会ってから8ヶ月目に入籍をしたのです。

 

まとめ

 

いかがですか。

 

このように不思議な体験や不思議な声は、私だけの何かが働いて起こったことだと思います。

 

私は専門家ではないので、詳しいことはわかりませんが

「第六感」という言葉が、私の場合もちょっと似ているのかもしれません。

 

何もかもが発達した今の世の中、科学でも解明できないことはまだまだたくさんあるということなんですね。

 

当たってほしくないことも聞こえてしまったのはとても辛かったですが、それも私の試練だったと思っています。

 

以上、本当にあった「私の不思議な体験」でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です