【幸せな気持ち】人間関係をスムーズにする!9つの文言

9つの文言集

こんにちは。

 

アラフィフ主婦のパープル大好きパプ子(@papuko1967)です。

 

さて・・・

 

私たちは日々、様々な人と接点を持って生きています。

長い付き合いの友人もいれば、たまたま入ったお店の店員さんもいるでしょう。

 

たとえ一期一会の出会いでも、人間関係をスムーズにする一言をかければ、自分も周りも幸せな気持ちになりますよね。

 

そこで

 

この記事では

「人間関係をスムーズにする!9つの文言」

についてご紹介します。

 

相手を大切にする言葉を発してみよう

スーパーのレジ

最近、嬉しいことはありましたか?

偶然訪れる嬉しい出来事も魅力的ですが、思いやりのある言葉を毎日使えば、嬉しいことが日常的に起こります。

ルールはいたってシンプルです。

相手を大切にする言葉を発する、ただそれだけです。

「こんな時、こう言われたら嬉しい」

自分が感じる言葉を相手にかけましょう。

 

例えば、スーパーのレジで。

普通は店員さんの

「ありがとうございました」

だけで終わるところを、今日からは、あなたも笑顔で

「ありがとうございます」

と言います。

すると口にしたあなた自身も、一日の疲れが和らぐうえに、店員さんのとびきりの笑顔が見られるかもしれません。

思いやりの言葉をかけると、自分自身も安心感が得られたり、よい接客が受けられたりと、いい状況を生むのです。

 

効果は他にもあります。

 

パプ子

相手を思う言葉を発すれば発するほど、会話力が高まるんですよ♪

 

あなたのかけた一言に、相手からリアクションがあります。

あなたがそれに応えていくと、会話が弾んだり、関係がより良くなったりするでしょう。

 

自然に、すぐに使える9つの文言

ありがとう

①「いつもありがとう」

ゆとりがなくなってくると、

「自分だけが大変」

と感じ、心の視野は狭くなりがちです。

そんな時は、

「いつもありがとう」

という感謝の言葉を普段以上に口にしましょう。

習慣にすることで、

「自分だけでなく相手も大変」

と気づくことができますし、

「私だけ…」

という思いが薄れます。

また、相手に優しい言葉をかければ、相手からも優しい言葉が返ります。

ごめんね

②「ごめんね」

親しい相手とケンカをして、どちらも謝らないままということは、よくあります。

意地になって、余計に謝りにくくなるからです。

その状況が続くと、あなた自身の心が固くなってしまいます。

まずはあなたの心を解放しましょう。

それには、

「ごめんね」

を言うだけです。

この一言で相手の固くなった心もほどけます。

そばにいるよ

③「そばにいるよ」「味方だよ」

誰かに励ましてもらえたら、人は頑張ることができます。

また、相手を励ますことは、実は自分自身を支えることでもあります。

相手が落ち込んでいる、困っていると感じたら、迷わずに言葉にしましょう。

 

memo
「頑張ってね」でも応援の気持ちは伝わりますが、場合によっては「突き放されている?」と感じさせることもあるので注意が必要です。

 

お先にどうぞ

④「お先にどうぞ」「お先です」

エレベーターを降りるとき、狭い道ですれ違う時。

ゆずるときは

「お先にどうぞ」、

ゆずられたときは、

「お先です」

「ありがとうございます」

こんな風に声を掛け合うことで、穏やかな気分でいられます。

急いでいるときに、ホッとできる一瞬が生まれるかもしれません。

ゆずり、ゆずられることで、相手と温かい気分を共有できます。

そうだよね

⑤「そうだよね」

自分の話ばかりが多くなってはいませんか?

相手が言ったことに対して

「そういうこと、あるよね。私も…」

と共感のつもりで、つい自分の話にしてしまう。

そんな自覚がある人は、

「そうだよね」

と言って、相手の話をうながすことを習慣にしてみましょう。

「そうだよね」

共感を伝える言葉。

この一言を入れるだけで相手は話しやすくなり、あなたの応援の気持ちも伝わります。

ATMで並ぶ人

⑥「どうぞ」

ATMを待つ行列などで生じる、

「早くして」

という気持ち。

あなたを待たせた人が無言だと、イライラが増幅することも。

イライラの連鎖を断ち切るために、用事が済んだら、次の人に

「どうぞ」

と言ってみましょう。

相手に聞こえない小さな声でも大丈夫。

言葉は相手に対してだけでなく、自分の心に発する意味もあります。

「自分優先」の思いも和らぎます。

私を頼って

⑦「私を頼って」「私に甘えて」

一人で抱え込んでしまう相手に笑顔で言うと、相手をラクにすることができます。

これらの言葉は、自分自身を励ますことにもなるのでおすすめです。

言葉を発するという行為は、相手に届けるのと同時に、自分自身にも耳から入ってくるからです。

こういった

「相手を受け入れる」

言葉は、あなたにも良い効果を生み出すのです。

バスを降りる

⑧「ありがとうございました」

サービスを受けた時やバスを降りるとき、周りの目を意識して、お礼を口にするのをついためらってしまうかもしれません。

でも、感謝の言葉は、相手に心地よい感情を届けます。

あなた自身の気分も軽やかになるでしょう。

すでに習慣になっている人でも、意識して使うことで相手への感謝の気持ちが増します。

お手伝いできること

⑨「お手伝いできることはありますか?」

職場や街中で困っている人に遭遇した時に、

「私にできることはないか?」

と感じたら、一歩踏み出して話しかけること!

それが

「お手伝いできることはありますか?」

という言葉です。

その厚意が必要かどうかは相手が判断してくれるので、声をかけようか迷って悶々とする前に、

まずは勇気を出して一声かけてみましょう。

 

まとめ

 

いかがですか。

 

以上「人間関係をスムーズにする!9つの文言」でした。

 

どの文言も自然にすぐ使える言葉ばかりでした。

でも、普段はなかなか使えそうで使えてないですよね。

 

ちょっとだけ、勇気を出してみましょう。

もしかしたら…嬉しいことがたくさん起こるかもしれませんよ!

 

さぁ、今日から!

思いやりの言葉を意識して使ってみませんか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です