【イチ押し】間違いない!50代のための美肌エイジングケアの手法

50代美肌エイジングケア

こんにちは。

 

アラフィフ主婦のパープル大好きパプ子(@papuko1967)です。

 

さて・・・

 

近頃「アラフィフ」という言葉をよく耳にしますよね。(私もそうなんですが)

でも、何歳から使う言葉なのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。

一般的に

「アラフィフ」

とは、47歳から53歳までの人のことをいうそうです。

 

そして、アラフィフから気になり始めるのが

「エイジングケア」です。

この年齢になると、少しでも若々しく見られたいと思うのが本音ですよね。

 

そこで

 

この記事では

「間違いない!50代のための美肌エイジングケアの手法」

についてご紹介します。

エイジングケアとは

エイジングケアとは

「エイジングケア」とは

「年齢に応じた肌のメンテナンス」

という意味があります。

似ている言葉に

「アンチエイジング」がありますが、

「老化に対抗する方法」というわけではありません。

老化に対抗した医学的な要素を含んだ防止策をとるのが、

「アンチエイジング」です。

それとは別に、

「エイジングケア」は、

毎日のお手入れで元々保持している肌の力を引き出していくものです。

すなわち、基本的なスキンケアを大事にするということなんですね。

女性であればどなたでも気になるエイジングケアですが、

それは「実年齢」を若くすることではなくて、「見た目」を若くすることですよね。

それでは、若く見られるためは一体どうしたら良いのでしょうか。

若く見られる要因とは

若く見られる要因とは

「表情」「姿勢」「肌」3つです。

このうち2つは即座に直せますよね。

「表情」は、鏡を見てにっこりと笑顔を意識すればOKです。

「姿勢」は、いつもバレリーナを想像して背筋をピシっと伸ばしてエレガントに振る舞えば良いと思います。

問題は3つ目「肌」ですね。

女性なら美肌は守るべきものですので、心まで穏便になります。

美肌とは

美肌とは

それでは、美肌とはどのような状態のことをいうのでしょうか。

これも答えは3つ「つるつる」「柔軟」「血色がいい」お肌のことです。

つるつるで柔軟で血色のいいお肌をゲットする方法はなんでしょうか。

「メンテナンス」「栄養バランス」「良い睡眠」のこれもまた答えは3つです。

 

お金がかからないエイジングケアとして、その美肌の3大美容ポイントを確認してみましょう。

美肌のための3大美容ポイント

3大美容ポイント右

1.メンテナンス(洗顔)

洗顔する女性

肌のメンテナンスの基本「汚れを落として」「うるおいを与えて」「うるおいを残す」です。

要するに、正しい洗顔キーポイントなのです。

日々、肌に付着する汚れは、

ホコリやファンデーションなど「外からの汚れ」と、

皮脂など「自分の肌から出している汚れ」があります。

これらの汚れをすっきりと取って、肌にうるおいを残すことが大切です。

洗顔料のタイプによっては、洗顔後に肌のつっぱり感を残すものがあります。

これは洗顔料がうるおいまでも落としてしまっているせいです。

洗顔後につっぱり感は残さずに、

うるおいをきちんと残してくれる自分にあった洗顔料を選ぶことが重要です。

泡立てネット

洗顔料をよく泡立てて、肌をこすらずにふんわり優しく洗うことがポイントです。

私は100円ショップで売っている泡立てネットを使用しています。

きめ細かく泡立てるために大切なのは先に石けんで手を洗うことです。

手が汚れていては上手に泡立ちません。

次に、泡立てネットを少量の水で濡らし、

洗顔料を3㎝ほどのせてホイップクリームのような状態になるまでしっかりと泡立てます。

洗顔パック

それから、その泡を顔全体にのせて、パックをするように数分そのままにします。

私はここで放置しています。

こすったり、触ったりもしません。

タオルで顔を拭く女性

1~2分後に水で流して、水気をタオルでこすらずにおさえるように拭きます。

そのうえ、もう一つポイントとして洗う時は水道水ではなく、浄水器の水を使用しています。

浄水器

パプ子

大手エステサロンでは浄水器の水を使っているそうです。是非、試してみてください!

 

保湿クリーム

皮脂の分泌量が減少してくる40代以降になると、

角質層の水分を保持するために油分を補うことが必要になります。

とりわけ乾燥しやすい目元や口元などには保湿クリーム美容オイルを使用しましょう。

保湿成分としては、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドに注目です。

パプ子のおススメ
つい最近、近所のドラッグストアで発見したのですが、ロゼット「セラミド濃密泡洗顔料」には驚きました!きめ細かいホイップクリームのような泡と洗顔後もしっとり、つるつるになってつっぱり感もありません。しかも、コスパも抜群!ロゼット特有のちょっとした匂いはありますが、気になるほどではありません。私はこれからずっと使い続けることでしょう(笑)私と同じアラフィフ女性に本当におススメですよ♪

2.栄養バランス

栄養バランス

人間の体は60兆個の細胞からできているといわれます。

もちろん肌もそうです。

元となる細胞や肌本来を元気にしてくれるのが、体を作る栄養であるタンパク質です。

タンパク質を食物で摂取しようと思うと、

余分なカロリーやコレステロールまでも過剰に摂取してしまうので、

美容のためには良質な植物性タンパク質を推奨します。

代表的なものでは、大豆製品の豆腐やおから、納豆等に多量に含まれています。

もちろん、コラーゲンを増やす食事も重要ですが、

やはりバランスの取れた食事を摂ることが一番の美肌作りの基本です。

三大栄養素の炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などを

バランスよく摂取する事はとても大事ですが、

良いものを摂る事よりも悪い物を摂らないという事の方がすごく重要なのです。

インスタント食品、ファストフード、添加物がたくさんの加工品やスナック菓子など・・・

体に有害な物は出来るだけ摂らないこと。

これが一番ですね!

なかなか美肌への成果が現れない時は、

食事を見直してみたり、一日の食事を振り返ってみるといいかもしれません。

 

パプ子

食事にこだわる習慣が大事ですね♪

 

それだけに、バランスの良い食事は美肌作りに大切だと言う事です。

3.良い睡眠

良い睡眠

大切なことは正しい時間に睡眠を取ることです。

理想的な肌のターンオーバーは28日周期といわれていますが、

加齢が進むとその周期はみるみる長くなってしまうそうです。

昔から「寝る子は育つ」とよく聞きますよね。

それは寝ている間に成長ホルモンが分泌されるからといわれていますが、

実はこの成長ホルモンには肌の新陳代謝を活性化させる働きがあり、美肌にとても効果的なのです。

そのため、成長ホルモンは肌のターンオーバーにも有効なので、女性には大変嬉しいホルモンでもあるのです。

更に、同じくメラトニンと呼ばれるホルモンは老化防止のアンチエイジングに有効的です。

抗酸化作用があるため、老化の大敵である

「活性酸素」を退治して、コラーゲンを作成してくれるのです。

このメラトニンも睡眠中や眠いと感じた時に増加するホルモンです。

まさしく良い睡眠は美肌をサポートしてくれる、若返りタイムなのです。

美肌のためには、長く睡眠をとるよりも成長ホルモンが分泌されるという

入眠してからの3時間の深い睡眠をめざしましょう。

良質な睡眠のためには

  • 寝る1時間~1時間半前にお風呂に入る
  • 寝る1時間前にはスマホやパソコンは見ない
  • 食事は寝る3時間前に済ませる
  • 部屋を暗くする
  • 悲しい事や辛い事は考えないで、楽しい事を考える

少しの工夫で良質な睡眠心がけましょう!

ストレスは美肌の大敵

ストレス

美肌の最大の敵は、何といってもストレスだと思います。

実は、やっとのことで摂った栄養ですが、ストレスを感じてしまうと多くの栄養素が使われてしまいます。

美肌になるための栄養素はストレスによって全部使われてしまうため、

何も残らない状態になってしまうのです。

その理由は、栄養が美肌の為に使われるのは体の中で一番最後だからです。

心身ともに健康な状態でいるからこそ、初めて美肌になれるという事です。

美肌には、たっぷりの栄養とストレスを感じない生活必要不可欠なのです。

愚痴や不満が多い生活よりも、普段から明るく前向きに過ごしている方が肌にも体にも効果的なようです。

まとめ

 

いかがですか。

以上

「間違いない!50代のための美肌エイジングケアの手法」

でした。

人生には色々と取り戻したいことや取り戻せないものがありますよね。

 

しかし、肌の潤いは回復できないものではありません。

自分のやる気次第と日々のメンテナンスで、もともとの力を取り戻すことが出来るのです!

 

美肌は、この先いつまでもあなたの自信につながっていくはずです。

いくつになっても年相応の美しい肌でいられるように、今日からエイジングケアを始めてみませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です