【内緒にしたい】アロマテラピーは最高のリラクゼーション

アロマアイキャッチ

こんにちは。

 

アラフィフ主婦のパープル大好きパプ子(@papuko1967)です。

 

さて・・・

 

多忙な毎日を過ごしていると、何としてもストレスが溜まってきますよね。

ストレスが溜まってしまうと、身体に色々な悪い影響を与えます。

そのため、ストレスをなるべく溜めこまないようにすることが大切です。

 

アロマテラピーには、ストレスを緩和する効果があるといわれています。

“香気”には

リラクゼーション効果があるので、アロマテラピーはかなり効果的なのです。

心地よい良い香りに包まれながら、体も心もリセットしてみませんか?

 

そこで

 

この記事では

「アロマテラピーは最高のリラクゼーション」

をご紹介します。

 

アロマテラピーとはどういうものか

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、

植物(ハ―ブ)から取り出した精油(エッセンシャルオイル)を使用して、

香気の力を美容と健康に実用した自然療法のことです。

アロマには「芳香」

テラピーには「療法」

という意味があります。

1937年ごろ
「アロマテラピー」という言葉が出来たそうです。

全人類は、従来より香気の力を利用していました。

ラベンダーオイル

フランスのある科学者が、ラベンダーの精油を使用して

火傷の傷を治したことを契機に、研究を始めました。

精油にある消毒・防腐・殺菌といった効力は、

医療的な視点から研究されており、数多く論文が発表されています。

アロマテラピーの研究は、今現在でも活発に行われています。

 

アロマテラピーには、2種類あります。

それは、

医療系「メディカル・アロマテラピー」

美容系「エステティック・アロマテラピー」です。

 

アロマテラピーは、ベルギーやフランスでは偉大な医療行為とされているため、

精油は薬局でしか購入できません。

ところが、日本ではアロマテラピーはどっちかというと美容系に区別されているので、

お店で容易に精油を購入することができます。

医療系でも美容系でも、

“香りの要素”

心身にとって心地良い影響を与えるのは間違いないことなのです。

アロマテラピーにはどんな効果があるのか

2-1. 心身のリラクゼーション

リラクゼーション効果

香気には、心身をリフレッシュさせる効果があります。

体が疲れ果てている時、体の代謝はかなり悪くなっています。

リンパ節や血管に老廃物が溜まってしまうため、排出されにくくなってしまいます。

そこで、アロマテラピーを行うと、これらの動きが潤滑になるので、

体調が良くなり爽快な気分になるのです。

2-2. 美容と健康を増大させる

美容と健康

肌のターンオーバーが乱れると、肌がくすんだり、ニキビ、肌荒れなどの肌トラブルの原因になります。

さらに、体の代謝が下がると、体内に老廃物を溜めこんだままになり、全身に悪い影響を及ぼします。

アロマテラピーを行うと、体の中に溜まっている老廃物をスッキリと排出できるようになります。

そのため、色々な肌トラブルを改善し、エネルギッシュで健康的な体に回復させることができるのです。

2-3.精神面の向上

精神面

アロマテラピーは、気分が落ち込んでいる時にも効果があります。

精神面に特に効果が期待される香気もあります。

さらに、代謝が下がると体内に有害であるアンモニアが溜まります。

アンモニアは、神経に悪い影響を与えて、精神の状態を悪くさせる一方です。

しかし、アロマテラピーによって体の代謝が上がると、

アンモニアが溜まらなくなるため、気分が落ち込こんだりすることが改善されます。

2-4.予防医療

予防医療

往年の治療法や投薬治療ではいい加減に改善しない症状が、

アロマテラピーによって改善が見られるということで、

医療現場でもアロマテラピーが取り入れられています。

たとえると、陣痛や妊婦の不安、ストレス等は、

アロマテラピーで治療が出来るということが分かってきました。

さらに、がん患者の緩和ケアにも、アロマテラピーが使用されています。

リラックスする女性

アロマは、鼻や気管などの呼吸器粘膜と皮膚から吸収されます。

入浴やマッサージでアロマを使用すると、肌から直接、香りの要素が吸収されます。

吸収された香りの要素が血管に溶け込んで、全身に行き渡って、効果を現します。

患者にアロマでマッサージを施すと、

香気スキンシップ2つの効果が合体して、ツラい症状を和らげます。

アロマテラピーはどこで受けたらよい?

サロンのアロマテラピー

アロマテラピーは、アロマテラピー専門のサロンで施術を受けられます。

さらに、アロマを使用した整体院や、カイロプラクティックもあります。

整体院サロンで行うアロマテラピーは、マッサージメインです。

香気の刺激が脳に届いて、脳をリラックスさせます。

さらに、皮膚から香りの要素を吸収するため、全身に効果が現れやすくなります。

マッサージをすると血流が良好になるため、もっとリラックスしやすくなるでしょう。

カウンセリングアロマ

施術前にきちんとカウンセリングを行ってくれるサロンならば、

自分の不安や症状に合ったアロマをプロのセラピストが選択してくれるので、

より効果が出やすいというメリットがあります。

アロマディフューザー

アロマテラピーサロンが自宅の近所になくても、大丈夫です。

簡易的なアロマテラピーならば、自宅で行うことも出来ます。

アロマランプアロマポット、アロマディフューザーなどがあれば、容易に香気を楽しむことができます。

アロマバス

浴槽のお湯に精油を3、4滴入れて、アロマバスを楽しむのも推奨します。

入浴しながらのマッサージは、心も体も安らぐことでしょう。

ストレスに効果があるアロマは?

アロマオイルの種類

ストレスを抱えていると、イライラしたり、怒り、不安、不眠、精神疲労という色々な症状が出てきます。

効果は、アロマの種類によって全部違います。

パプ子

自分自身の症状に合っているアロマを見つけてくださいね♪
  • ラベンダー=イライラ、不安、緊張
  • カモミール=イライラ、不安、不眠
  • サンダルウッド=ストレス、沈静
  • ゼラニウム=情緒不安定
  • ペパーミント=精神疲労、集中力の低下
  • ペチバー=ストレス
  • ネロリ=ストレス
  • マンダリン=ストレス、緊張
  • ベルガモット=ストレス、憂鬱
  • ローズウッド=ストレス、情緒不安定
  • マジョラム=ストレス、怒り、不眠
  • オレンジ=ストレス、疲労、緊張、憂鬱
  • イランイラン=ストレス、不安、緊張
  • ローズ=ストレス、不安、憂鬱


まとめ

 

いかがですか。

 

以上

「アロマテラピーは最高のリラクゼーション」

でした。

 

しばしば雑貨屋などで見かけたことのある精油ですが、

実は、アロマテラピーにはとても効果があるということが分かりましたね。

精油の種類もかなり豊富で、ストレスに効果の見られるものがすごく多いことに驚きました。

 

ストレスとひとくちで言っても、現れる症状は十人十色です。

自分に合っている香気はどれなのか、色々と試行してみてはいかがでしょうか。

 

さぁ!今日から!

アロマテラピーパワーを頼りにして、ストレスから解放されましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です