お年玉問題解決!あげない理由と心理、それに対する対処法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

スポンサーリンク
パプコ
パプコ

お正月といえば、親戚の子どもたちにお年玉をあげる習慣がありますよね。

しかし、近年はお年玉の習慣が悩みの種となることも多く、特に子どもがいない夫婦や親戚付き合いが煩雑な方にとっては悩ましい問題となっています。

そこで、この記事では「お年玉をあげない」ことについて、様々な視点から考えていきます。

お年玉のあげない理由や心理、対策やアンケート結果から、お正月のお金の悩みを解決する方法を提案します。

記事のポイント
  • お年玉をあげない理由の理解
  • 社会的な反応への洞察
  • お年玉をあげない場合の対策
  • 一般的なお年玉態度の傾向

お年玉をあげない理由や心理

子供のいない夫婦が散歩する後ろ姿

子どもがいないため

子どもがいない夫婦にとって、お年玉は出費がかさむ上に、他の家庭と交換する機会がないため、一方的に出費が増えるだけと感じがちです。

そのため、子どもがいない家庭はお年玉をあげないという選択をすることがあります。

また、子どもがいない夫婦は、普段から子どもたちの世話をしていないため、子どもへの甘えや、お礼の言葉が見られない状況に耐えられないと感じることもあります。

感謝されない、金額に文句を言われる

過去にお年玉を渡した際に、子どもたちが親に教えられた礼を言わずにひったくったり、渡した金額にケチをつけられるような非常識な行為を経験した方は、お年玉をあげることに対する意欲を失うことがあります。

やり取りに恩返しの意味もありますが、感謝されないことや文句を言われることにより、お年玉を渡さない選択をする方もいます。

また、感謝の言葉だけで何もカタチにならないことも、お年玉をあげない理由として挙げられます。

例えば、お年玉を渡してもお返しに何もしてくれない子どもの親や、言葉でお礼を言っても行動が伴わない親戚などです。

スポンサーリンク

お年玉をあげない対策

yesかnoか決める両足

お正月の親戚の集まりに行かない

お年玉をあげたくない時の最も簡単な方法は、お正月の親戚の集まりに行かないことです。

海外旅行や予定が外せない用事を入れて親戚に会わないようにします。

ただし、毎年行かないというのは難しいかもしれません。2年に1回くらいは問題ないかもしれません。

ただ、お正月以外にもフォローをしておくことがおすすめです。

親戚と話し合ってみる親戚の子どもたちにお年玉の額を決めているところも多いです。

一度みんなに相談してみるのも良いでしょう。

あげないと心に決める

どう思われようと、お年玉をあげるかあげないかは自分で決めることです。

実際にお年玉の問題に悩む人は多いですが、あげなくても問題ないケースもあります。

過去のアンケートで、お年玉をあげないと答えた人が約3割もいたことがありました。

ですので、思い切ってあげない選択をしても、案外大丈夫な場合があります。

ただし、親戚の雰囲気を見極めて行動してください。

お金をケチって評判が下がることもあるため、慎重に判断して行動するようにしましょう。

お年玉のアンケート結果

円グラフと棒グラフの書類

お年玉に関するアンケート結果では、全体の72%がお年玉をあげる予定で、お年玉をあげる人数は1~2人が最も多い結果となりました。

子どもたちにとってお年玉はお正月の楽しみであり、あげる側は昔の嬉しかった記憶もあるため、なるべく子どもたちに喜んでもらいたいと考えて渡しています。

しかし、経済的負担が大きいことから、あげない選択をする人もいます。

番号お年玉をあげる相手一般的なお年玉の金額
1甥、姪~3,000円
2自分の子ども~3,000円
3親戚の子ども(甥、姪以外)~3,000円

お年玉をあげる相手として最も多かったのが「甥、姪」、続いて「自分の子ども」「親戚の子ども(甥、姪以外)」で、お年玉の金額は経済状況や相手によって異なりますが、最も多かったのは「~3,000円」でした。

お年玉をもらえなかった場合の対処法

赤、黄色、緑のスマイルを持つ両手

催促しないことが大切

もし相手からお年玉をもらえなかった場合、子どもが催促するのは仕方ないことですが、親が催促するべきではありません。

お年玉は義務ではなく、貰えないのが普通です。

もらえたらありがとうと思うべきで、相手がくれなかったからと言って催促することは絶対にしないべきです。

また、

パプコ
パプコ

お年玉の催促非常識ですよ。

他の親戚や友人からもお年玉をもらえなかった場合、まずは自分の考え方や行動を見直すことが重要です。

相手の考えを尊重する

お年玉を渡すか渡さないかは個人の自由であり、貰えなかった場合も相手の考えを広い心で認めることが大切です。

教育上の観点からも、子どもにお年玉の価値観を押し付けること無く、相手の立場や事情を理解しようとする姿勢を見せることが望ましいでしょう。

親同士で話し合い、お年玉についての理解を深めることで、子ども同士の関係や親戚付き合いもスムーズになることが期待できます。

まとめ

お年玉に関する悩みは多くの人が抱える問題であり、特に子どもがいない夫婦や親戚に対するストレスが高い場合は、お年玉を渡すこと自体に抵抗感を覚えることがあります。

しかし、お年玉をあげるかあげないかは最終的には個人の判断にゆだねられるものであり、貰えなかった場合も相手の考えを尊重し、円満な付き合いを心掛けることが重要です。

また、親戚同士でお年玉について話し合いをすることで、金額のばらつきを防ぎつつ、お互いの事情を理解し合うことができるでしょう。

お年玉を渡すことが悩みとなる場合は、この記事で紹介した方法を試してみることで、お正月のお金の悩みを解決していくことができるでしょう。

パプコ
パプコ

記事のポイントをまとめます。

  1. お年玉をあげない理由として、子どもがいない夫婦は出費が増えると感じる
  2. お年玉をあげることによる感謝の欠如や非礼な行動が理由の一つ
  3. お年玉をあげないことによるストレスや評判の問題も考慮が必要
  4. お年玉をあげたくない場合、親戚の集まりに参加しないことも一つの方法
  5. お年玉に関する親戚間での話し合いが有効
  6. お年玉をあげるかどうかは個人の判断に委ねられる
  7. 過去のアンケートでは、お年玉をあげない人が約3割存在
  8. お年玉をあげる予定の人は全体の72%、最多は1~2人への贈り物
  9. お年玉の金額は「~3,000円」が最も多い
  10. お年玉をもらえなかった場合、催促は避けるべき
  11. 相手の考えを尊重し、子どもへの教育も意識する
  12. 金額のばらつきを避けるためにも親戚間での話し合いが有益
スポンサーリンク